絶好調「年無しチヌ出たア  大阪・北港
 釣りものが多彩でにぎやかな大阪湾の波止釣り。人気のタチウオは相変わらず好調でハマチ、サゴシ、ハネ、アジ、サヨリも食いがよく、何を狙おうかと迷ってしまう。そんな中、大阪・北港ではフルシーズン狙えるチヌが絶好調だ。

 フカセ釣りで40a台が動き出し、日によっては年無し≠ニいわれる50aオーバーも姿を見せている。

 10月25日には兵庫県川西市の喜田さんが夢洲で30〜43aを6匹、48aハマチを1匹。同日、同所で京田辺市の西川さんは35〜43aを7匹、堺市の岩田さんも35〜43aを7匹仕留めている。

 年無しは同29日に大阪市の宮部さんが46〜52aを3匹、30日に大阪府寝屋川市の丹羽さんが50aを1匹と40〜55aのハネを3匹釣り上げている。大型チヌがほしいなら大阪・北港が一番手。

 タナは場所や日によって異なり、3〜5ヒロで当たっている。その日のタナをいち早くつかむことが釣果につながる。エサはオキアミを中心にエサ取りの状況に応じてコーンも使う。とくにこれからは大型のヒット率が高くなるので期待大だ。

 (フィッシングライター、森永誠)
▲夢洲で30〜43aのチヌを6匹と48aハマチを釣り上げた喜田さん
 <ガイド> ヤザワ渡船の料金は夢洲の1〜5番が2200円、夢洲の1番灯台と6番ケーソン、舞洲のテトラ、安治川の中の灯台は2000円。地下鉄中央線・朝潮橋駅下車、店まで徒歩4分。車の場合、阪神高速大阪港線、または湾岸線の天保山を下りて172号を利用。
 問い合わせは電話06・6573・7712。
Copyright1997-2008SANKEISPORTS.
Noreproductionorrepublicationwithoutwrittenpermission.
Sendfeedbackto
o-sanspo@sankei-net.co.jp
著作権、リンク、個人情報について