秋チヌ本格化21〜30a50匹 鳥羽・今浦
旅館「海香」の杉原重徳さんイチオシ!
 秋にチヌの数釣りが楽しめる鳥羽・今浦のかかり釣り。今シーズンは釣れ出しが遅れたが、10月中旬から一気に本格化。今月3日には三重県伊勢市の山口さんがイカダで21〜30aを50匹釣り上げている=写真。

 カセで同日、伊勢市の東谷さんも23〜30aを18匹。いまはカセ、イカダとも絶好調だ。「今年のチヌは型がいいですね。1年ものはいなくて2年、3年ものばかりで、引きが楽しめます」と旅館海香の杉原重徳船長。

 平均してイカダは数釣り向きで、カセは型狙いに最適とみられる。海香は現在、イカダが18台で水深8〜9b。カセは12隻で水深10〜12b。エサはシラサエビを中心にコーン、アケミ貝などを使っている。今浦のイカダとカセのチヌ釣りは今月いっぱい、安定して楽しめそうだ。

 ◆問い合わせ 旅館海香 電話0599・32・5045。
▲イカダで21〜30aの秋チヌ50匹釣り上げた山口さん
Copyright1997-2008SANKEISPORTS.
Noreproductionorrepublicationwithoutwrittenpermission.
Sendfeedbackto
o-sanspo@sankei-net.co.jp
著作権、リンク、個人情報について