好調!イシダイ&イシガキダイ 徳島・古牟岐
 徳島・古牟岐の仕立船「第八光政丸」で、イシガキダイ、イシダイ釣りが始まった。ポイントは出羽島沖。牟岐の港から約20分、両アンカーを固定し船から底物が狙えるので人気がある。

 4日には徳島の竹内さんら2人が28〜47aのイシガキダイを24匹、45aのイシダイを1匹ものにしている。連日20匹以上の釣果があり、好調だ。
 
 「今年は小振りだがスタートはいい。水温(現在24度)が下がってくれば、イシダイも食いだしますよ」と、島政勝船長。大きなものはイシガキダイで52a、イシダイで60aぐらいなると言う。2月末までOK。

 仕掛けは竿30〜50号、3・6b。天秤仕掛けでハリス12号、市販のイシダイ針12号、錘40号、エサはウニとマムシ。マムシは持参すること。問い合わせは電話0884・72・1798。
Copyright1997-2008SANKEISPORTS.
Noreproductionorrepublicationwithoutwrittenpermission.
Sendfeedbackto
o-sanspo@sankei-net.co.jp
著作権、リンク、個人情報について