阪神タイガースニュース

阪神・近本、出た先制打 10試合ぶり打点

更新:2022/09/24 05:00:01

阪神・近本は一回1死一塁でフルカウントからの大瀬良の6球目を右中間へ運び、先制の適時二塁打とした。「フルカウントだったので、ストライクゾーンで勝負してくるだろうと思っていた。コンパクトに芯でとらえることができた」。9月9日のDeNA戦(横浜)以来、10試合ぶりの打点。セ・リーグの最多安打争いは同僚の中野(153安打)に並ばれたが、もう一度、突き放す。

サンスポ.COMで続きをみる

[PR] サンスポde通販 サンケイスポーツ特別版「輝け!!新生猛虎」 3月22日発売

関連記事

他の記事をみる