関西の草野球ナンバーワンを決定!サンスポ野球大会

第36回淀川河川公園秋季野球大会

決勝大会 最終日(12月5日)

B.M CLUBが桜球会に5-2で勝って9年ぶり2度目の優勝を果たし、参加144チームの頂点に立った。最優秀選手賞には、エースの竹原敦志(32)が選ばれた。

 同級生バッテリーがチームを栄冠に導いた。9年ぶりの歓喜の瞬間、竹原投手と播田雅俊捕手(32)が駆け寄って喜びを爆発させた。
「みんなに助けられて、最高の形で締めくくれた」
2-2の同点で迎えた五回から満を持してエース竹原が登板。相手に得点を与えず、八回に奪ったリードを守りきっての勝利。「みんなのために自分がマウンドを守る。みんなで勝ったんです」とはにかんだ。
絶対に優勝したかった。「B.M CLUB」は大阪府と奈良県に住む野球好きが口コミで集まったチーム。仕事も住所もバラバラで「練習もしない。試合のときに集まるだけ」だが、播田が仕事の都合で転勤する可能性があり、このメンバーでできる最後の試合かもしれなかった。
播田は「高校野球の最後くらいの気持ちでいました」。中学1年で出会った2人。中学では主将の播田と控えの竹原。高校は別々になったが、22歳の時に再会。そこから10年、コンビを組んできた。親友のためにも勝ちたい。その気持ちが勝利につながった。
竹原が「播さん(播田)のおかげで、今大会は一度も首を振ることなく投げられた」と言えば、播田が「取材用のコメントやろ」横やりを入れる。大笑いする2人の絆がチームの栄光とともに輝いていた。 (山口 智史)

◎…初めての決勝進出で健闘した桜球会だが、最後は力及ばず、酒井友行監督(35)は「地力の差かな。悔しいです。さらなる経験を積んで、いいチームを作りたい」。元阪神の矢野の母校である桜宮高のOBを中心に結成したチーム。「矢野さんにも見てもらいたい。もっといいチームになって、応援してもらえたら」と来年のリベンジを誓っていた。

 

【淀川スタジアム】    
桜球会 0 1 0   1 0 0   0 0 0 = 2
B.M CLUB 2 0 0   0 0 0   0 3 X = 5

(桜)山本-波間
(B)笹、竹原-播田

 

◎チーム表彰

優  勝 B.M CLUB
準優勝 桜球会
第3位 THレジャークラブ、デンタルズ
第5位 T.again、四天王寺病院、ギャングスター、関西野球クラブ Night・Face

◎個人表彰

最優秀選手賞 竹原 敦志(B.M CLUB)
敢闘選手賞 山本 充穣(桜球会)
優勝監督賞 桑田 英樹(B.M CLUB)
準優勝監督賞 酒井 友行(桜球会)

◎優勝への軌跡[B.M CLUB]

2回戦 3-1 SAGAWA OSAKA
3回戦 4-0 トレジャー
4回戦 9-1 インディアンス
5回戦 1-0 OS WORLD
準々決勝 1-0 ギャングスター
準決勝 3-0 デンタルズ
決 勝 5-2 桜球会
(9年ぶり2度目の優勝)
 

 

第36回淀川河川公園秋季野球大会 歴代優勝一覧(PDF)ダウンロード

 

大会トーナメント表(ダウンロード) 11月16日更新
Aブロック(PDF) Bブロック(PDF) Cブロック(PDF) Dブロック(PDF)
全ブロック(PDF)

大会過去記録(バックナンバー)

大会過去記録

サンケイスポーツFacebook

ページトップ

サンスポ購読  |  産経新聞購読  |  産経ニュース  |  zakzak  |  SankeiBiz  |  産経イベント

産経新聞社  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ

Copyright 1997-2018 SANKEI SPORTS. All right reserved.