関西の草野球ナンバーワンを決定!サンスポ野球大会

 『第33回サンスポ野球大会』東西決戦は21日、東京・文京区の東京ドームで特別規定による7回制で行われ、西日本代表の中央シャインズ(大阪)は、東日本代表の東京実業健保組合(東京)に1-6で敗れた。全国から出場した354チームの頂点に立った東京実業健保組合は3年連続の東西決戦出場で、悲願の初優勝。最優秀選手には先制の2点適時三塁打を放った東京実業健保組合の石田恭平外野手(18)が選ばれ、敢闘賞は中央シャインズの島田雄斗内野手(20)が受賞した。


 ◎…7年ぶりに東西決戦に進出した中央シャインズだったが、3度目の日本一には惜しくも届かなかった。「やられました。いつもの野球ができなかった」。小林成嘉監督(43)は開口一番、悔しさをにじませた。3点を先制された直後から幾度かチャンスを作ったが、あと1本が出ず、最後まで流れを引き込むことができなかった。チーム初安打を放ち敢闘賞を獲得した島田雄斗選手も「悔しい。MVPを獲りたかった」と無念の表情を浮かべた。
「きょうの負けで燃えるものができた。みんな闘志に火がついたと思います」と小林監督。スコアボードを見つめたその目は、早くも来年のこの舞台に向けられていた。


◆先制適時打を放ち最優秀選手賞を獲得した東京実業健保組合・石田恭平外野手
「サンスポ大会では、きょうが初スタメンだったので、無我夢中でプレーしました」


◎…史上初の東日本大会3連覇を果たした東京実業健保組合が、200人を超える応援を背に、ついに初の日本一に輝いた。「3度目なので期するものがあった。大応援団の前で負けるわけにはいかなかった」と楠晃監督(37)はホッとした表情。
三回、死球と内野安打でつかんだチャンスにMVPを獲得した石田が右越えの2点三塁打を放ち先制。再三のピンチも投手を中心に守り抜いた。「最後までしんどかった。みんなの勝利です」と楠監督。3度目の挑戦でつかんだ日本一に、東京ドームが大声援に包まれた。


◆東西決戦 
※大会規定により7回制で実施

東京実業健保組合(東日本代表) 0 0 3   0 0 0   3 = 6
中央シャインズ(西日本代表) 0 0 1   0 0 0   0 = 0
テーブルダウンロード(PDF)

(東)小田、斎藤優-室屋
(中)土屋、若林、能津、藤原-田浦

出場チームダウンロード(PDF) 歴代戦績ダウンロード(PDF)

 

第33回サンスポ野球大会・東西決戦 表彰一覧
優 勝 東京実業健保組合
(東日本代表)
★優勝トロフィー
★河川環境管理財団楯
★ミズノバット3本セット
★ナガセケンコーボールA号2ダース
★金メダル
準優勝 中央シャインズ
(西日本代表)
★準優勝トロフィー
★河川環境管理財団楯
★ミズノ用具ケースセット
★ナガセケンコーボールA号1ダース
★銀メダル
最優秀選手賞 石田恭平選手
[東京実業健保組合]
★トロフィー
★ミズノプログラブ
敢闘賞 島田雄斗選手
[中央シャインズ]
★トロフィー
★セカンドバッグ

 

主 催 サンケイスポーツ、(財)河川環境管理財団
後 援 産経新聞社、夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイ、フジテレビ、
ニッポン放送、文化放送
協 賛 ミズノ、ナガセケンコー
協 力 サンケイスポーツセンター、東京健保組合大宮運動場、
西武ドーム、東京ドーム

 

大会過去記録(バックナンバー)

大会過去記録

サンケイスポーツFacebook

ページトップ

サンスポ購読  |  産経新聞購読  |  産経ニュース  |  zakzak  |  SankeiBiz  |  産経イベント

産経新聞社  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ

Copyright 1997-2018 SANKEI SPORTS. All right reserved.