関西の草野球ナンバーワンを決定!サンスポ野球大会

ミキハウス4年ぶり優勝
◆全員に社長賞10万円

ミキハウスが、観戦に訪れた木村皓一社長(59) の目の前で、連覇を狙う中央シャインズを完封。4年ぶり2度目の優勝を決めた。2 度目の日本一を懸けて、 7月11日に西武ドームで東日本代表(未定)と対戦する。

アテネより先に、淀川の河川敷で”ミキハウスイヤー”宣言だ。左腕の武内秀允投手 (25)が、角度のあるカーブ を武器に昨年の覇者、中央シャインズを完封。高橋広一監督(40)に続いて宙に舞っ たのは木村社長だった。

「オリンピックに(ミキハウスから)12人選ばれているんですけど、ゲンがいいね」 柔道の野村忠宏、卓球の福原愛ら、メダル候補を送り出すミキハウスだが、軟式野球 は特に練習日が決まっておらず、 毎週末の実戦で腕を磨く程度。そんなナインを社長が『ニンジン』を持って直々に応 援。胴上げ後には、さっそく社長賞を 決めた。ベンチ入りメンバー全員(18人)に、ポケットマネーから10万円を贈呈。こ れを軍資金に、みんなで競馬ツアーに行くという。

最近、馬主登録をした木村社長。この日の中京第1レースに「ワンマンシャチョウ」 を出走させ、1番人気で5着に敗れた。次回出走の 可能性がある6月末の阪神開催あたりで『ご褒美ツアー』が実行される見込みだ。そ して7月11日。2度目の日本一を狙って、西武ドーム へ乗り込む。「次は私も出ます。サードでね」と木村社長はスタメン宣言。「2番・ 三塁」での起用を決めた高橋監督に、決勝打の下柳田も 「チームを盛り上げて欲しい」と声を揃えた。還暦前の創業社長も混じって戦うアッ トホーム軍団。夏のアテネより先に、日本の草野球界で ”金メダル”を胸に輝かせる。 (周伝 進之亮)

◆しんどかった

4年ぶり2度目の優勝を飾ったミキハウス・高橋監督「1点を取っても、しんどかっ た。去年は、シャインズにベスト8で負けた。こっちが1安打、 向こうがノーヒットだったのに・・・。悔しい思いをしたんで、それを晴らせまし た」

◆燃えた!!下柳田

値千金のランニング本塁打で、勝利を呼び込んだ。ミキハウスの下柳田一行外 野手(28)が、2回2死からカーブをフルスイング。打球は左中間を 真二つ、一気に本塁まで駆け抜けた。 「むこうに上宮(高)の先輩がいたんです。社長も見ていたし、燃えましたね」 中央シャインズの岡田皓一外野手(32)は、巨人・元木とともにセンバツ甲子園Vの 大先輩。先輩の分までハッスルして、初体験となる日本一を奪いに いく。
主催/(財)河川環境管理財団 後援/サンケイスポーツ  協賛/ミズノ
協力/ナガセケンコー

大会過去記録(バックナンバー)

大会過去記録

東海地区大会Facebook

ページトップ

サンスポ購読  |  産経新聞購読  |  産経ニュース  |  zakzak  |  SankeiBiz  |  産経イベント

産経新聞社  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ

Copyright 1997-2018 SANKEI SPORTS. All right reserved.